豪華な庭を作る|通販でガーデニング用品を購入

婦人

芝生を綺麗に保つために

芝刈り

機械の選別と作業の注意点

芝刈り機には大きく分けてリール式とロータリー式の2種類があり、刃が縦方向か横方向に向いているかで見分けます。リール式は縦方向に複数の刃が回転し、ロータリー式は円盤状の刃が横に回転します。大抵は芝生の切り口が均一になって、綺麗な芝刈りができるロータリー式が選ばれます。芝刈り機の刃は2種類ありますが、加えて駆動式にも手動または電動の2つかが存在します。予算としては手動式の方が安いですが、当然ながら労力が大きく違います。庭の広さや芝を刈る量を考えて、どちらを選ぶか良く検討すると良いでしょう。電動式はコードがあるので、取り回ししにくいという問題もありますが、近年ではバッテリー式のものもあり、コードの長さなどを気にせず使うこともできるようになっています。これらの芝刈り機を使ったお手入れで注意したいポイントは、伸びすぎた場合に一気に刈り込まないこと、そして深く刈り込むことがないよう調節することです。芝生は茎である成長点を残して刈らないと、すぐに弱ってしまいます。放っておけばすぐに伸びてしまう芝生ですが、伸びすぎた際に一気に刈り込むと成長点まで巻き込んで切ってしまうことがあるでしょう。芝生の刈り高は2〜3cmが最適とされ、5cm以上と伸びすぎた場合は、先端から徐々に切っていくのが望ましいとされます。刈り込む方向は、前回刈った方向に対して90度逆の方向から刈っていくと、素直に切り落とすことができるようです。